オリコカードの付帯保険はどんな感じ?知っておきたいオリコカードの保険事情

「オリコカードを作ろうと思っているけど、付帯保険ってどんな感じ?海外・国内の旅行保険や、盗難防止などの保険は安心できる?」

と疑問の方は、当記事で解決できます!

それでは気になるオリコカードの付帯保険事情について見ていきましょう。

オリコカードの付帯保険について一挙公開

オリコカードと一言に言っても実は種類がいくつかあります。

従って今回は

  • オリコカード・ザ・ポイント
  • オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールド
  • オリコカード・ザ・プラチナ
  • オリコカード・ザ・ワールド

上記4種類の付帯保険について見ていきますよ!

種類別!オリコカードの付帯保険をまとめてみました

まずは各カードの付帯保険についてまとめてみましたのでご覧下さい。

種類 付帯保険 補償金額上限
オリコカード・ザ・ポイント なし
オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールド 海外旅行保険 死亡後遺障害2,000万円(自)
傷害治療200万円(自)
疾病治療200万円(自)
携行品損害100万円(自)
賠償責任2000万円(自)
救援車費用200万円(自)
国内旅行保険 死亡後遺障害1000万円(自)
ショッピング保険 海外・国内100万円
オリコカード・ザ・プラチナ 海外旅行保険 死亡後遺障害10000万円(自5000万円):家族特約2000万円(自)
傷害治療300万円(自):家族特約:200万円(自)
疾病治療300万円(自):家族特約:200万円(自)
携行品損害100万円(自):家族特約100万円
賠償責任2000万円(自):家族特約1000万円(自)
救援車費用300万円(自):家族特約200万円(自動)
航空機遅延保険19万円:家族特約19万円
国内旅行保険 死亡後遺障害10000万円:家族特約1000万円
入院保険金日額5000円:家族特約3000円
通院保険金日額3000円:家族特約1500円
手術保険金5万円
航空機遅延保険16万円:家族特約16万円
ショッピング保険 海外・国内300万円
オリコカード・ザ・ワールド 海外旅行保険 死亡後遺障害5000万円(自)
傷害治療200万円(自)
疾病治療200万円(自)
携行品損害100万円(自)
賠償責任2000万円(自)
救援車費用200万円(自)
国内旅行保険 死亡後遺障害5000万円
ショッピング保険 海外・国内300万円

※(自)…自動付帯

残念ながら最低グレードのオリコカード・ザ・ポイントには保険が付いていないという結果に。

しかし、ゴールド・プラチナ・ワールドでは、申し分のないぐらい手厚い保険内容となっていることが分かります。

特にプラチナは家族特約まで付いているので、保険の面で非常に安心して利用できるカードだということが分かるかと思います。

ただしプラチナは入会条件も厳しいため、保険目的でオリコカードを利用したいならゴールド・ワールドの二枚が現実的でしょう。

オリコカードの付帯保険ってぶっちゃけどうなの?利用者の声を見てみた

保証金額や付帯している保険の種類を見ても、今いちピンとこないのが本音かと思います。

そこで、実際に利用している方々の声を聞いてみたので見ていきましょう。

利用者に付帯保険に対する声をまとめてみた

「ぶっちゃけ保険に期待して作るカードじゃないと思います。

ポイントの還元率とか、利便性の高さがメインのカードですね。もちろん最低限の海外旅行保険や国内旅行保険が付いているので、とくに不満もありません。

ただ保険メインでオリコカードを作るのであればナンセンスかと思います。」

 

「クレカの保険を当てにして作るのであれば、オリコカードは止めておいた方がいいかなあ。

でも、これだあけ還元率が良くて、そこそこの付帯保険が付いているので、とりあえず満足です。それに保険なら別に加入しているので、オリコカードにそこまで求めません(笑)

最低限の付帯保険がそろっていて、利便性が高いカードを持ちたい人におすすめです。」

 

「保険を利用したことないので、実際使うとなるとどのようなステップになるのか不明瞭なところではありますね。

でも、保証金額なんかは妥当なんじゃあないでしょうか。

あまり保険を使う機会なんて来ないんですから、便利なカードとして考えるならオリコカードはパフォーマンスが良いカードだと思います。」

オリコカードの付帯保険はぶっちゃけどう?管理人の総評

個人的には、付帯保険目的で作るならオリコカードじゃない方が良いかと思います。

ただオリコカードには付帯保険以外のところで活躍する場面が多いクレジットカードです。

例えば、ショッピング時のポイントが凄く溜まりやすいとか、溜まったポイントがあちこちで使えて便利とか、そういった利便性に優れているカードです。

それでいて最低限の付帯保険がそろっているんですから、ある意味ちょうど良いスペックのクレジットカードだと言えるでしょう。

付帯保険ありのオリコカードはここが凄い!基本スペックを紹介

最後に、各クレジットカードの基本スペックを見て終わりたいと思います!

ぜひ、付帯保険が分かった上で作ろうか検討している人は、こちらもご覧ください。

オリコカード・ザ・ポイント

年会費 0円 電子マネーの種類 iD・QuickPay
ポイントの種類 オリコポイント 交換マイル ANA・JAL
還元率 1%~2% 入会条件 18歳以上

オリコカードの定番カードですね。

ポイント還元率が高い上に年会費無料で使えるのも、このクレジットカードのメリットでしょう。18歳以上から作れるので、初めて作るクレジットカードとしてもおすすめ出来ます。

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールド

年会費 1950円 電子マネーの種類 iD・QuickPay
ポイントの種類 オリコポイント 交換マイル ANA・JAL
還元率 1%~2.5% 入会条件 20歳以上
継続した安定収入

通常のオリコカード・ザ・ポイントよりもワンランク上のオリコカードとなります。

ポイント還元率はさらに高くなり、使い方次第では2.5%まで上げることが出来ます。

また、ゴールドカードなのに年会費が1950円とリーズナブルになっているため、通常グレードからゴールドに変えてしまうという方も多いようです。

オリコカード・ザ・プラチナ

年会費 20000円 電子マネーの種類 iD・QuickPay
ポイントの種類 オリコポイント 交換マイル ANA・JAL
還元率 1%~2.5% 入会条件 20歳以上
継続した安定収入

年会費が高いのがネックですが、充実した付帯保険は本物です。

私の相棒はオリコカードで行くという方は、こちらのプラチナカードを持つのもありでしょう。

オリコカード・ザ・ワールド

年会費 9800円 電子マネーの種類 iD・QuickPay
ポイントの種類 オリコポイント 交換マイル ANA・JAL
還元率 1%~2% 入会条件 20歳以上
継続した安定収入

オリコカード・ザ・ワールドは海外で利用したときに、二倍のポイントが付くクレジットカードです。

海外旅行保険も充実しているので、海外旅行を頻繁にするという方におすすめできるクレジットカードです。

まとめ

オリコカード各種類の付帯保険についてまとめてきました。

ポイントがウリのクレジットカードとしては、もう遺文がないほど充実したクレジットカードとなっています。

そのためバランスの良いかっこいいクレジットカードとして、私はおすすめしたいと思います。

ぜひ、付帯保険について納得できた人はオリコカードを選択してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です